公益社団法人 全国珠算教育連盟 正会員指導教場

東京都中央区東日本橋・北区西ケ原・北区滝野川のそろばん・暗算教室

育英そろばん教室

お問い合わせ電話番号
03-3910-8518

 映画「古都」に文化人(そろばん監修)として参加

川端康成/著 「古都」を原作とする映画に、文化人(そろばん監修)として塾長: 谷 賢治が参加しました。
皆さんぜひご覧ください。

映画「古都」文化人紹介サイト
(ページ下部に掲載されています):
http://koto-movie.jp/special.html

映画「古都」公式サイト:
http://koto-movie.jp/

育英そろばん教室

 育英そろばん教室でそろばん!

  • そろばん学習は、計算力を高めて暗算能力や集中力を養います。
  • 幼児は「ブロックゲーム」(教具)を使ったり、数字の書き方などから学習します。
  • 小学生は、そろばん・暗算・およその数などを楽しく集中した態度で学習していっます。
育英そろばん教室

 教育道具「そろばん」

 この時代にどうしてそろばんが小学校で指導されているのでしょうか。学習指導要領が何回も改訂されましたが、小学校算数科の中から「そろばん」がなくなったことは一度もありません。

 いまは計算の道具としてそろばんを使っている場面は少なくなったようです。でも「計算する」ことは世の中からはなくなりません。

 「電卓」があればそれを使い、紙とエンピツがあれば「筆算」でするでしょう。計算の方法の中で一番多いのは暗算です。人々はそれなりに暗算の方法を使って計算します。子供のころそろばんを練習していた人は、今でも頭の中にそろばんが入っています。これは消えない大きな財産です。

 小学校のそろばんでは、計算の道具としてのそろばんではなくて、教育の道具として数時間「そろばん」を学習します。こんな小さな、こんな僅か数個の玉で、いろいろな計算が出来るのです。

 先人の知恵のすごさに触れることも大きな意味があります。計算の仕方でも例えば3+4や6+9の計算を、どのように玉を動かせば答えが出るのか考えます。そろばんは十進位取り記数法の原理に基づいてできていますから、これが筆算の計算の理解も深めます。

トップに戻る